地場工務店の建築コンサルティングなら株式会社エンドロール

スタッフブログ


長野 真臣

時間と余裕。

2016年 11月 01日 (火)

img_6760

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

エンドロールアドバイザーの長野です。

 

ついに・・・。

陥落しましたね。

「君の名は」の映画ランキング1位。

先週末はデスノートのようです。

 

なぜ、あれだけヒットしたのか。

あくまでも個人的な感想ではありますが、

 

1、難解なストーリー

2、綺麗な映像

3、ある事を思い起こさせるようなポイント

 

ですかね。

 

実は、三度観ました。

 

一回目は、怒涛のような展開の中で感動

二回目は、理解して感動

三回目は、想い出のような感覚で感動

 

それぞれ違った感動を頂きました。

泣けるポイントは一緒でしたが、

三度とも新鮮味があったのが今までと違うなーと思いました。

 

後に製作者のインタビューを見ました。

制作者は、

どこで感動するか、

どんな行動をするか、

何を思うか、

お客様のことを考えて作っているそうです。

 

最近思うのですが、

すべての仕事もそうなのではないでしょうか。

 

良いモノというのは、どれだけ考え込まれたか。

チラシ1枚にしても、それに費やした時間は?

見学会の準備に費やした時間は?

営業の準備に費やした時間は?

 

売れている会社には売れている理由があると、昔から言われている言葉ですが、

理由は、その多くがどれだけ時間が費やしたかではないかと最近思っています。

 

そして、時間を費やすには自分の時間を確保しなければいけないですね。

 

昨日、知人からこのようなLINEが来ました。

「仕事が終わらない、なんでもやるのでどうすれば仕事が早く終わるか教えて」

 

こう返しました

「どうして仕事が早くならないの?」

 

そうするとしばらくして・・・、

「決めるべきことが多いのに、その判断材料が足りない。

でも、その質問のおかげで少しわかった」

 

良いアイデアや想いは誰しもが持っているのだと思います。

ただ、それを引っ張り出す余裕がない。

時間に追われると・・・。

 

いつもせかせか、いつもピリピリ、

何かに焦っているような人はなかなか良いアイデアが出てこないですよね。

 

そういう気持ちをリセットできる瞬間があれば、いいと思います。