地場工務店の建築コンサルティングなら株式会社エンドロール

スタッフブログ


竹藤 政一郎

《アクセス》見てもらえる記事の書き方3つ《アップ》

2016年 12月 17日 (土)

こんにちは、頑張らないを頑張るWEB担当の竹藤です。

 

もう12月ですね。

もし、ブログを1月から毎日書いていたら、

今日で352記事できているかと思います。

 

1記事30分かけて書いていたとしたら176時間になり、

8時間勤務でしたら休憩無しで22日かかる計算になってしまいます。

 

これだけの手間をかけてブログを書くわけですから、

せっかくなら皆さんに読んでほしいですよね。

 

 

そこで、今回は読んでもらえる記事についてまとめてみました。

 

記事を読んでもらうポイントはたった3つ。

 

・タイトルにこだわる

・画像にこだわる

・書き続ける

 

です。

 

・タイトルにこだわる

まず、1つ目のポイントはタイトルにこだわるということです。

タイトルというのは記事タイトルです。

「今日のできごと」では興味をそそられませんが、

「今日の驚いたできごと」だと、ちょっと興味をそそられますよね。

そして、具体的に「3つのポイント」のように数を入れると良いそうです。

「今日の驚いた3つのできごと」だと、

何に3つ驚いたのかなと疑問が湧きますよね。

 

・画像にこだわる

次のポイントは画像にこだわるですが、

画像のある記事と文字だけの記事で目に止まりやすいのはもちろん、

画像のある記事だと思います。

 

目に止まらせるための画像なので「アイキャッチ画像」と言います。

アイキャッチ画像はその記事を全体をイメージするような画像だと効果的です。

 

良い画像がない時は、

無料で規約の範囲内で自由に使っていい

「フリー素材画像」を使用するといいと思います。

 

「フリー素材 画像」などで検索すると、

たくさんサイトがでてきますので、規約に従って使用してみて下さい。
← とても目がいくアイキャッチ画像の例
写真素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) photo すしぱく

 

 

・書き続ける

最後のポイントは書き続けるということです。

面白い記事や、役に立つ記事など書き続けると徐々に、あなたにファンができます。

あなたのファンができると自然とアクセス数が伸びてくると思います。

アクセス数が伸びると、

インターネットで検索してくる人の目にとまる機会も増えますので、

その繰り返しでアクセスが伸びてきたころには、

お問い合わせも増えてくるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は読んでもらえる記事の書き方3つのポイントを簡単に紹介いたしました。

どのポイントも記事を書く上では大事ですが、

一番大事なポイントは特に3つめの「書き続ける」です。

 

あなたのファンが増えると、

ネットだけでなくイベントやセミナーにも来てくれるチャンスも増えます。

 

近年では起業したらブログを書く事がかなり大事だと言われております。

 

みなさんも頑張ってブログを書いてファンを増やしてみましょう!

 

きっと後々役に立つと思いますよ。

 

 

 

ではでは。