地場工務店の建築コンサルティングなら株式会社エンドロール

スタッフブログ


長畑 雅郎

棟上げの見学に行ってきました。

2017年 03月 13日 (月)

おはようございます。

エンドロールの工務店受注獲得コンサルタント、長畑です。

 

先日、会員様の上棟を見学させていただきました。

社会人になりたての頃は、

たくさん見に行って勉強させていただいていましたが、

今回はかなり久々でした。

 

というのも、

上棟に応援で集まる棟梁たちを撮らせていただくという目的で、

撮影のためだったのですが、

せっかくの機会でしたので、

会社の若手を連れて勉強も兼ねてお邪魔した次第でした。

 

 

毎回感じることは、

全く同じ方法、工法で建てている会社はない。

見学させていただくたびに、

「なるほどなぁ」

と思うポイントが必ず何点かあります。

 

今回も筋交いが無く、

在来工法と2×4工法の良い所をミックスしたような、

よく考えられた手法で建てられていました。

 

 

 

そして、

なんといっても棟梁がみなさん素敵な方ばかり。

 

以前、

この現場の社長が、

「腕のいい大工なんていないよ。

性格の良い、丁寧な仕事のできる大工が、

いい仕事をするんだよ」

と言っていたのを思い出しました。

 

 

 

近づいて撮影させていただきましたが、

「かっこよく撮ってくれよ~」

と、笑顔で返してくれました

 

顔、出てないですけどね・・・

 

 

 

良い社長、良い棟梁、良い職人・・・。

世の中には小さくても素晴らしい技術を持った工務店が、

たくさん存在しているわけですが、

なかなか地域の人に分かってもらえないのが現実です。

 

どのようにして周知させるか。

 

ここにフォーカスして、

経営戦略を考えなければなりません

 

ではでは。