地場工務店の建築コンサルティングなら株式会社エンドロール

スタッフブログ


長野 真臣

一体感、統一感、理念の浸透。

2018年 01月 29日 (月)

こんにちは、長野です。
最近人生の大きなイベントの一つが終わりまして、

これからまた気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

 

 

さて、

そんなイベントの中で全然自分達のことを知らない方から

一つお褒めの言葉を頂きました。

 

私、こう見えてスポーツが大好きで一つ大きなサークルに属しております。。

そんなサークルについてのお褒めの言葉を頂きました。

 

それは

「社会人サークルなのに一体感があって、すごいね。」

という言葉を頂きました。これは本当に自分達が欲しかった言葉です。

 

 

社会人サークルというのは、

部活と違ってストレス発散だったり、

友達を作りたい、

スポーツをしたいなど色々な目的で人が集まります。

 

 

また、来る人のスタートもばらばらです。

初心者の人もいれば、上級者もいます。

 

 

なかなか一つの目標に向かっていくような、

団体は形成しにくいと思います。

よく理念型経営という言葉もありますが、

実際なかなかそういう風になって

いない会社様が多いのです。

 

さて、およそ3年でこのような団体になりましたが、

具体的にはどのようなことをしたのか。

 

① ミーティング

② オリジナルなルールの形成

 

 

まずは①から

ミーティングは確実に理念型経営が必要です。

 

人間の記憶ほどあいまいなものはないと思います。

だからこそ、お互いで記憶を共有する必要があります。
そうすることでより多くの人の記憶に残ります。

やはり伝えたいことは面と向かっての方が圧倒的に伝わりやすいので・・・。

 

 

そして、②

これはその団体ならではルールがあった方が、

雰囲気が分かりやすかったと言えます。

 

仕事のルールというよりも、

雰囲気を決定つけることへのルールでしょうか。

 

例えば、必ず挨拶はするとか・・・。

 

色々複雑にすることは簡単ですが、

まずは分かりやすい、

やりやすいところからスタートするのも良いかと思います。

 

 

遊びの話ですが、

このような中にも学びはありましたのでブログの話にさせて頂きました。

 

 

ではまた!