地場工務店の建築コンサルティングなら株式会社エンドロール

スタッフブログ


長畑 雅郎

判断基準を作り上げていく環境。

2018年 08月 08日 (水)

おはようございます!

エンドロールの工務店受注獲得コンサルタント、長畑です

 

暑いですね・・・

夏は大好きですが、暑いのは嫌いなワタシです・・・

 

さてさて、

先日ふと思ったことについて。

 

ある工務店社長から、

「この先どうなるかなぁ・・・」と。

真剣な相談というよりは、

雑談の中で出た会話つなぎのお言葉かと思います。

 

この言葉からも分かるように、

「未来は暗い」と予想されているのかなと感じます。

 

それと同時に、

この社長は、どこでどう感じて、

このような感情になっているのかなぁとも感じました。

 

たしかに、

着工棟数は減っています。

それだけの情報から判断すれば仕方ないかもしれません。

 

周りの会社さんとの会話で、

そう感じているのかもしれません。

それも仕方ないかもしれません。

 

集客数が落ちている。

これも原因かもしれませんね。

 

1つ言えるのは、

その方の周りにある環境からの判断だということです。

 

その環境の範囲を決めるのはご自身です。

成長している会社の知人が何人かいれば、

ちょっとは判断結果は違うと思います。

 

集客がうまくっている知人が周りにいれば、

判断基準が異なってくるかもしれません。

 

「環境」をつくるということは、

新しい判断基準をつくることかもしません

そして、今までにない発想の戦略を、

練ることができるかもしれません

 

ではでは。