地場工務店の建築コンサルティングなら株式会社エンドロール

スタッフブログ


長畑 雅郎

年間5棟で40億円。

2019年 10月 28日 (月)

おはようございます。

エンドロールの地場工務店受注コンサルタント、長畑です。

 

先日、ホームページ作成の打ち合わせで、

東京に行ったときのことです。

 

年間5棟で40億円の売上。

ビックリしました

 

1棟17億円の一戸建て。

ビックリしました

 

社員20名以上いるのに年間5棟。

納得しました

 

それでも、

将来を考えたら、

今のうちにできることを考える。

ポジショニングや戦略を再考する。

 

勉強になりました。

 

ではでは。


長畑 雅郎

小さな会社と大きな会社

2019年 10月 11日 (金)

おはようございます。

エンドロールの地場工務店受注コンサルタント、長畑です。

 

小さな会社はこだわればこだわるほど、

お客様が集まります。

大量のお客様は集まらなくても、

自社がターゲットとしているお客様が、

しっかり振り向いてくれます。

 

大きな会社はこだわればこだわるほど、

期待しているほどの集客は見込めません。

集まらないということではなく、

こだわり過ぎると、

そもそもお客様の数が足りなくなってしまいます。

 

年間の新規客が50組程度で良い会社と、

年間の新規客を1000組集めなければならない会社では、

そもそもの考えを変える必要がありますね。

 

10棟の壁を越え、

30棟の壁を越え、

50棟、100棟の壁を超える会社は、

その切り替えるタイミングが、

うまく行ったというケースが多いようです。

 

きっちり10棟程度を獲得していきたいという会社を見ると、

こだわればこだわっている会社ほど、

安定したお客様を獲得できています。

 

自社は何を目指すのか、

どんな会社にしたいのか、

今一度チェックしてみましょう!!

 

 

ではでは。

 


長畑 雅郎

体感すると納得する。

2019年 09月 24日 (火)

おはようございます。

エンドロールの地場工務店受注コンサルタント、長畑です。

 

見学会や商談で意識したいこととして、

「体感してもらう」が挙げられます。

口頭での説明だけではなく、

実際に見て触ってもらうというような、

お客様に体感していただくと、

納得してもらうことが可能です。

 

催眠術を掛けてもらったことがある方なら、

その体験は忘れられないものになったと思います。

テレビで観ていたときは、

「ほんとかなぁ」と思っていたあなたも、

自分が体感したとたん、

納得できたのではないでしょうか。

 

営業の世界も同じように、

お客様に体感していただくと、

より理解していただけて、

納得してもらうことが可能になります。

 

どんなことを体感してもらえるか、

見学会の前に検討してみてください!!

 

ではでは。